第20回微粒化アジア会議(ILASS-Asia 2019)を開催しました

 第20回微粒化アジア会議(ILASS-Asia 2019)が,2019年12月21日~23日に,本学常盤キャンパスD講義棟を会場として開催されました.本学科の三上真人教授が実行委員長,瀬尾健彦准教授が副実行委員長を務めました.本学科の大学院学生・学部学生も学生スタッフとして運営に携わりました.

 微粒化アジア会議は,アジア微粒化学会(ILASS-Asia)が中心となり,液体の微粒化と噴霧関連システムに関する研究・開発に携わるアジア地域の研究者や企業技術者が一堂に会し,高度な情報交換を行う場を提供することを目的としたものです.液体の微粒化は飛行機のジェットエンジンや自動車のエンジンにおける噴霧燃焼の性能を決める重要な現象です.本会議には,アジア地域の研究者のみならず,米国,欧州の研究者をも含む12カ国から230名の参加がありました(写真1).

 特別講演として,元NASA職員の米国ポートランド州立大学Mark Weislogel教授による講演「Giant Drops and Sprays in Low-Gravity Environments」がなされました(写真2).国際宇宙ステーションや落下塔における無重力状態における流体実験について,特に液体の表面張力を自在に制御した結果現れる多様な現象について,多くの動画を用い,ユーモアを交えて講話いただきました.なお,本特別講演は山口大学基金の支援を受けて行われたものです.また,米国,中国,韓国,台湾,日本,それぞれの研究者による基調講演がなされました.日本からは本学科の三上真人教授が国際宇宙ステーションでの宇宙燃焼実験について,最新解析結果も交えて講演を行いました.その他に,一般講演,機器展示,微粒化写真展,ウェルカムレセプション,懇親会も行われました.国際ホテルで開催された懇親会では,日本から歓迎の気持ちを込めて歌のおもてなしがあり(写真3),これに対し中国の参加者からも歌の披露がなされるなど,心温まる交流がなされました.

 本会議において,研究者同士の高度な研究の情報交換と交流を促進することができました.ご参加いただきましたすべての皆様およびご支援いただきました団体に御礼申し上げます.次回は本年10月に中国Zhenjiangで開催されます.

写真1:講演会の様子
写真1:講演会の様子

写真2:Weislogel教授による特別講演
写真2:Weislogel教授による特別講演

写真3:懇親会における日本からの歌のおもてなし"
写真3:懇親会における日本からの歌のおもてなし


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2020.02.04
望月信介教授が日本機械学会流体工学部門部門賞を受賞しました
2020.01.18
第20回微粒化アジア会議(ILASS-Asia 2019)を開催しました
2019.12.17
学部学生のイギリス短期留学報告が工学部同窓会誌「常盤」に掲載されました
2019.11.22
高田一馬さん(機械エネルギー制御工学研)が、第28回日本エネルギー学会大会・ポスター発表賞を受賞
2019.11.14
三上真人教授が日本マイクログラビティ応用学会論文賞を受賞
2019.11.06
青戸亮太さん(計測情報工学研究室)が40th Asian Conference on Remote SensingにおいてJSPRS Awardを受賞しました。
2019.10.11
11/15(金)に卒業生による「特別講演会」,11/16(土)に工学部ホームカミングデーと常盤祭を開催します!
2019.10.07
小口瞳史さん(エンジンシステム研)が研究科(工学)研究奨励賞を受賞
2019.09.08
日中韓の学生によるものづくり創成デザイン夏の学校SP!ED 2019が開催されました
2019.08.02
BS科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」に三上真人教授が出演します!

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ