三上真人教授が日本マイクログラビティ応用学会論文賞を受賞

 当学科の三上真人教授が、日本マイクログラビティ応用学会論文賞を受賞し、2019年10月24日に行われた授賞式において表彰されました。本賞は過去5年間にInternational Journal of Microgravity Science and Applicationに掲載された論文のうち、日本の微小重力(マイクログラビティ)利用研究にとって重要なマイルストーンとなる論文、世界的にも誇れる微小重力分野での研究成果を含む論文、微小重力分野以外でも優れた研究成果を含む論文に対して贈られる賞です。受賞論文は、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」において初めての燃焼実験として実施された「Group Combustion」実験の成果を最初に発表した原著論文です。本論文は1950年代に始められた微小重力場での液滴燃焼とその応用先である噴霧燃焼とをパーコレーション理論を援用して繋ぐための研究であり、微小重力場において液滴群の燃え広がりを観察した世界初の実験の成果を示したものであるため、微小重力場での燃焼研究において重要なマイルストーン論文として高く評価されました。

 受賞に対して三上教授は、「微小重力場での燃焼研究を開始してちょうど30年目の年に、日本マイクログラビティ応用学会からこのような栄誉ある賞をいただくことができ、大変光栄に存じます。受賞論文の共著者以外にも多くの方々にお世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。今回の宇宙実験により予期せぬ特異な燃焼現象が見つかりましたが、その機構を解明すべく、二度目の宇宙実験「Group Combustion-2」を関係者と検討しております。お楽しみに。」と喜びの言葉と抱負を述べています。

日本マイクログラビティ応用学会会長(左から3人目)と受賞者の方々(左から2人目:三上教授)
日本マイクログラビティ応用学会会長(左から3人目)と
受賞者の方々(左から2人目:三上教授)

三上教授による受賞講演の様子
三上教授による受賞講演の様子

受賞論文:
Generation of a Large-Scale n-Decane-Droplet Cloud Considering Droplet Pre-Vaporization in “Group Combustion” Experiments aboard Kibo/ISS
M. MIKAMI, H. NOMURA, Y. SUGANUMA, M. KIKUCHI, T. SUZUKI and M. NOKURA
Int. J. Microgravity Sci. Appl. 35(2) 2018 p350202

関連ページ:
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/2018/_7718.html


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2020.02.04
望月信介教授が日本機械学会流体工学部門部門賞を受賞しました
2020.01.18
第20回微粒化アジア会議(ILASS-Asia 2019)を開催しました
2019.12.17
学部学生のイギリス短期留学報告が工学部同窓会誌「常盤」に掲載されました
2019.11.22
高田一馬さん(機械エネルギー制御工学研)が、第28回日本エネルギー学会大会・ポスター発表賞を受賞
2019.11.14
三上真人教授が日本マイクログラビティ応用学会論文賞を受賞
2019.11.06
青戸亮太さん(計測情報工学研究室)が40th Asian Conference on Remote SensingにおいてJSPRS Awardを受賞しました。
2019.10.11
11/15(金)に卒業生による「特別講演会」,11/16(土)に工学部ホームカミングデーと常盤祭を開催します!
2019.10.07
小口瞳史さん(エンジンシステム研)が研究科(工学)研究奨励賞を受賞
2019.09.08
日中韓の学生によるものづくり創成デザイン夏の学校SP!ED 2019が開催されました
2019.08.02
BS科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」に三上真人教授が出演します!

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ