国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟利用実験候補テーマに三上真人教授のテーマが再び採択されました

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の2018年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマに,本学科の三上真人教授が研究代表者を務める日米共同研究チームが提案した実験テーマ「ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現メカニズムの解明-2(Group Combustion-2)」が採択されました.

本公募は,JAXAが国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して,国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため,フィジビリティスタディテーマ(FSテーマ)の募集を行ったものです.自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の成果が期待できるテーマを募集する「一般募集区分」では,17件の応募があり,三上教授らの提案を含む7件のFSテーマが採択されました.選定後は,早期の軌道上実験の実施を目指し,JAXAと研究者とが協力して実験計画の詳細化,技術検討等のフィジビリティスタディを行い,2年以内に宇宙実験の実現性の目途を立てる予定です.

三上教授は2017年度にISS「きぼう」実験棟初の燃焼実験である「ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現メカニズムの解明(Group Combustion)」を研究代表者として実施しており,燃料液滴群の群燃焼発現限界付近において新たに観察された特異な燃焼挙動などを明らかにしてきています.今回採択された実験はこの「Group Combustion」実験の後継実験の「Group Combustion-2」です.良質の長時間微小重力環境を利用することで,地上実験では予想されない新たな現象の発見とその背後にあるサイエンスの解明が期待されます.

ISS「きぼう」での燃焼実験(2017年撮影)(提供JAXA)

ISS「きぼう」での燃焼実験(2017年撮影)(提供JAXA)

ISS_NEW

国際宇宙ステーション(ISS)(提供JAXA/NASA)

(採択情報URL)
 http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/2018_select.html


(関連情報URL)
2017年実施ISSきぼう実験「Group Combustion」
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/theme/second/gcem/


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2019.08.02
BS科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」に三上真人教授が出演します!
2019.07.03
8月9日(金)に2019年度オープンキャンパスを開催します!
2019.06.26
萩原雅之君(臨床生体研)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を受賞しました
2019.04.08
新入生フレッシュマンセミナー・歓迎会,2年生オリエンテーション・歓迎会を行いました
2019.03.29
JAXA 藤田和央先生、高柳昌弘先生をお招きし、次世代・航空宇宙輸送技術/エネルギー利用/材料開発研究会 第1回講演会を開催しました
2019.03.27
平成30年度学位記授与式が挙行されました
2019.03.20
本田健君(材料信頼性工学研究室)が国際学会で優秀ポスター賞を受賞
2019.03.19
国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟利用実験候補テーマに三上真人教授のテーマが再び採択されました
2019.03.19
永田拳太郎さん(エンジンシステム研)が自動車技術会大学院研究奨励賞を受賞しました
2019.03.13
日本機械学会 中国四国学生会 第49回学生員卒業研究発表講演会と 中国四国支部 第57期総会・講演会が開催されました

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ