中国江蘇大学で行われた創成工学デザイン競技会CEDC 2018、創成工学研究・教育国際会議ICIARE 2018に機械工学系の大学院生が参加し、論文賞等を受賞しました

平成30年12月14日~12月17日に中国江蘇省江蘇大学キャンパスにおいて大学生創成工学デザイン競技会(CEDC:Creative Engineering Design Competition)、創成教育国際会議(ICIARE:International Conference Innovative Application Research and Education)が開催され、200名を超える参加者で盛大に開催されました。山口大学からは、創成科学研究科の博士前期課程1年生を中心とした12名がCEDCに参加し、講義や研究で製作した社会問題を解決するための作品についてデモンストレーションと成果発表を行い、中国や韓国の学生と競い合いました。

集合写真

集合写真

IoT(モノのインターネット)の急速な発展に伴い、新しいアイデア製品が様々な社会問題を改善しています。一方でこれまでの専門分野の知識だけでは、製品開発は難しく、機械・電気・情報さらには医学・農学・芸術・経済学などの複合的な知識が必要とされてきています。山口大学では、この現状に対応できる人材を育成するために多様な専門分野を習得した大学院生の混成チームによるアクティブラーニングを行うとこで実現しようと考えており、CEDCとICIAREでは機械・電気・知能学生の混成チームからなるアクティブラーニングを行い、その成果や融合分野の先端研究の情報交換を行う重要な会議になっています。

CEDCは3~5名の学生で構成する47チームが、チームごとに実社会の問題を解決する作品を出展し、ポスターと口頭で、審査教員や参加者に英語でアピールを行い、各国の審査教員によるレビューを経て、最終的に口頭発表と自作の作品を用いたデモンストレーションが行われました。本学の学生は、審査教員のレビューを受けながら作品と発表のクオリティ向上に最終まで挑み続けた結果、CEDCゴールド賞(上位6%)、ブロンズ賞などの栄誉に輝きました。

CEDCデモンストレーション風景(1)

CEDCデモンストレーション風景(1)
山口大学の作品で心音をAIに聞かせ、心音状態から適切な運動量を判断するシステムを紹介している

 

CEDCデモンストレーション風景(2)

CEDCデモンストレーション風景(2)

 

作品例(1) 災害救助ロボット

作品例(1) 災害救助ロボット

 

作品例(2) 歩行サポート用つま先持ち上げ装置

作品例(2) 歩行サポート用つま先持ち上げ装置

また、ICIAREでは、活発な議論が行われる注目度の高い研究成果が多数あり、本学の博士後期課程学生がICIARE優秀論文賞を受賞しました。なお、本会議で発表された論文のうち優秀なものは国際論文誌International Journal of Engineering Innovation and ManagementのSelected Paper: Proceedings of iciare2018として発行されます。

ICIAREでの研究発表の様子

ICIAREでの研究発表の様子

 

CEDC Gold Award(上位6%)を受賞した機械工学系専攻の布川君(写真中央)

CEDC Gold Award(上位6%)を受賞した機械工学系専攻の布川君(写真中央)

レセプションでは、工学を通じて社会の問題解決を図るという志に集った学生や教員が、お互いの多様な背景を尊重し、共に発展を目指す親睦の輪が築かれました。

機械工学系大学院生等の受賞者リスト

CEDC2018

金賞 (上位6%)

  • Exercise Management System for high risk heat disease patients (高リスク心臓病患者のための運動マネジメントシステム):創成科学研究科修士1年作品
    布川拓海(機械系),佐々木敬彬(知能情報系),XIE HUAZE(電気電子系)

銅賞

  • VR 太極拳 -Physical Trainer TaiJiQuan-(太極拳とVRによる健康増進):創成科学研究科修士1年作品
    大宮 弘之(機械系),厚母 亜実(知能情報系)
  • 上肢障害者用の食事支援ロボット:創成科学研究科修士1年作品
    藤田 晃司(機械系),向山 陽貴(機械系),楢崎 裕史(電気電子系),平田 宗一郎(知能情報系)

ICIARE2018

Best Paper Award

  • Muscle Training Assistant System for Elbow Flexor Rehabilitation,徐 涛金 (創成科学研究科博士後期課程3年), 江鐘偉, 森田 実,丁 鐘燁 (創成科学研究科博士前期課程2年)

次回は2019年12月に韓国群山大学を中心に開催される予定です。また、2019年8月には山口大学主催で創成工学夏の学校(SP!ED:Summer Program for Innovative Engineering Design)が開催されます。山口大学は、SP!ED、CEDC、ICIAREの取り組みを通じ、国際的にまた、専門分野の垣根を越えて活躍できる学生の育成と創成工学研究・教育を強力に推進していきます。


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2019.08.02
BS科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」に三上真人教授が出演します!
2019.07.03
8月9日(金)に2019年度オープンキャンパスを開催します!
2019.06.26
萩原雅之君(臨床生体研)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を受賞しました
2019.04.08
新入生フレッシュマンセミナー・歓迎会,2年生オリエンテーション・歓迎会を行いました
2019.03.29
JAXA 藤田和央先生、高柳昌弘先生をお招きし、次世代・航空宇宙輸送技術/エネルギー利用/材料開発研究会 第1回講演会を開催しました
2019.03.27
平成30年度学位記授与式が挙行されました
2019.03.20
本田健君(材料信頼性工学研究室)が国際学会で優秀ポスター賞を受賞
2019.03.19
国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟利用実験候補テーマに三上真人教授のテーマが再び採択されました
2019.03.19
永田拳太郎さん(エンジンシステム研)が自動車技術会大学院研究奨励賞を受賞しました
2019.03.13
日本機械学会 中国四国学生会 第49回学生員卒業研究発表講演会と 中国四国支部 第57期総会・講演会が開催されました

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ