野村和伸さん,板村成さん(流体研)が国際会議JCREN2018においてBest Presentation Awardを受賞しました

2018年12月1日-3日に,山口大学常盤キャンパスにて開催されました国際会議The 7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018・Chair: 本学田之上健一郎教授)において,野村和伸さん・板村成さん(指導教員:望月信介教授・鈴木博貴助教)が,Best Presentation Awardを受賞しました.両学生の口頭発表の題目,概要および喜びの言葉は下記の通りです.

野村和伸さん(博士前期課程二年)
題目:Numerical Simulation Study on the Incompressible Decaying Turbulent Flows affected by the Divergence of the Viscous Terms
概要:本研究は流体数値解析です.非圧縮性流体の解析は収束計算を必要とし,計算コストが莫大になる傾向があり,本研究は数学モデル導入により大幅なコスト削減を実現しました.将来的に,汎用流体解析ソフトウェア等におけるコスト削減が期待されます.
言葉:このような賞を頂き大変光栄に思います.今回の受賞を励みに今後もより一層精進していきたいと思います.

板村成さん(博士前期課程一年)
題目:Turbulence-Model Validation of Wind-Tunnel-Blockage Effects on the Grid-Generated Turbulence
概要:乱流の一種である減衰乱流を生成させる過程で生じる,風洞閉塞効果という風洞内流れを加速させる現象の影響を,より適切な減衰乱流のモデル化および乱流構造を解明することを目的として,数学スキームを用いて定量的に評価しました.
言葉:この度は,自身にとっては初めての国際学会で僭越ながらこのような賞を頂き,大変光栄に思います.今回の受賞で自身の英語力に自信をつけることができたので,これからも勉学に励み,将来的にグローバルに活躍できるように日々邁進していきます.

 

JCREN_受賞者の板村成さん(左)と野村和伸さん(右)

受賞者の板村成さん(左)と野村和伸さん(右)

JCREN授賞式

受賞式にて(板村さん(左)と田之上実行委員長(右))


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2019.01.09
中国江蘇大学で行われた創成工学デザイン競技会CEDC 2018、創成工学研究・教育国際会議ICIARE 2018に機械工学系の大学院生が参加し、論文賞等を受賞しました
2018.12.19
吉田泰子さん、永田拳太郎さん(エンジンシステム研)が日本マイクログラビティ応用学会にて学生口頭発表最優秀賞を受賞しました
2018.12.05
野村和伸さん,板村成さん(流体研)が国際会議JCREN2018においてBest Presentation Awardを受賞しました
2018.11.02
11/17(土)に工学部ホームカミングデーと常盤祭を開催します!
2018.10.25
全日本学生室内飛行ロボットコンテストで学生が二つの賞を受賞しました
2018.09.18
江鐘偉教授が山口県産業技術振興奨励賞を受賞しました
2018.08.13
2018年度オープンキャンパスが開催されました
2018.08.10
藤井文武准教授が米国医学物理学会年次講演会にて優秀研究賞に選ばれました
2018.07.30
三上真人教授が自動車技術会から出版功績感謝状を贈呈されました
2018.07.21
機械系ソフトボール大会が開催されました.

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ