望月信介教授が日本機械学会賞(論文)を受賞

 本学科の望月信介教授が、「乱流境界層の平均量特性に及ぼす粗さの影響」と題する論文により日本機械学会賞(論文)を受賞しました。授賞式は、2018年4月19日(木)に日本機械学会2017年度(第95期)定時社員総会(於:明治記念館)で執り行われました。本賞は機械工学と工業の発展を奨励することを目的として優秀な論文を表彰するもので、①独創性、②学問的または技術的な発展性、③機械工学または広く産業社会への貢献度の3つの観点で評価と審査が行われます。
 受賞論文の内容は、独自に開発された計測技術を用いて粗面上に発達する乱流境界層の解明を果たした成果をまとめたものです。この論文は本学科旧教員である大坂英雄名誉教授、亀田孝嗣准教授(現近畿大学)との共著であり、科学研究費補助金・基盤研究(B)の支援により遂行された研究成果です。
 受賞に対して望月教授は、「このたびは栄誉ある賞をいただき、大変身の引き締まる思いです。成果は山口大学で開発してきたオリジナルな壁面せん断応力とLDAの測定技術により得られたものであり、今後も本学にしかできない優れた研究を追求し、世界に発信していきたいです。常日頃からご支援をいただいている皆様、装置の開発に協力いただいた卒業生と機械工場の技官の方々に感謝しています。」と述べられています。

受賞の望月信介教授
受賞の望月信介教授


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2018.06.20
2018年度オープンキャンパス開催!
2018.04.26
望月信介教授が日本機械学会賞(論文)を受賞
2018.04.18
新任教員の紹介-MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN 准教授(材料信頼性工学)
2018.04.13
新入生歓迎会・2年生歓迎会を行いました
2018.03.28
平成29年度学位記授与式が挙行されました
2018.03.05
定年退職される先生方の最終講義が行われました
2018.02.01
機械工学科3年の小田喜雅彦さんが第16回CVG中国で奨励賞を受賞
2017.11.28
三上真人教授が日本燃焼学会技術賞を受賞
2017.10.31
吉田泰子さん(エンジンシステム工学研究室)がISS「きぼう」実験の成果発表に対し毛利ポスターセッション優秀賞を受賞
2017.08.24
2017年度オープンキャンパスが開催されました.

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ