定年退職される先生方の最終講義が行われました

機械工学科では平成30年3月をもって3人の教授が定年退職されます。先生方のご功績を称え、またご貢献に感謝し、学科主催の最終講義が行なわれました。そのときの様子をご紹介します。

加藤 泰生先生は36年にわたり、熱及び物質移動に関する研究、熱力学、伝熱学の教育、さらには学内教育、研究環境の整備と管理に係わる学内運営にご尽力されるとともに、学部生や院生の指導においても多大な貢献をされてきました。最終講義は「熱工学とともに・・・・”少年老い易く学成り難し”自戒を込めて思うこと」と題し、平成30年2月27日(火)にD11講義室で実施されました。

まずはポリシーの紹介

まずはポリシーの紹介

ご自身の経歴を披露

ご自身の経歴を披露

いい笑顔

いい笑顔

長年のご功績を称えて花束贈呈

長年のご功績を称えて花束贈呈

西村 龍夫先生は27 年にわたり、当学科で複雑熱流体に関する研究、力学の初等教育,熱流体力学の教育、さらには入試委員会委員長,学生委員会委員長,教務委員会委員長などの学内運営にご尽力されるとともに、学部生や院生の指導においても多大な貢献をされてきました。最終講義は「二重拡散対流との出会い」と題し、平成30年2月27日(火)にD11講義室で実施されました。

熱血先生!さすが

熱血先生!さすが

この本ってバイブル?

この本ってバイブル?

100万ドルの笑顔

100万ドルの笑顔

花束を抱える西村先生、背筋が伸びて清々しい

花束を抱える西村先生、背筋が伸びて清々しい

森川 治先生は2015年に産総研から当学科に赴任され、3年余りにわたって、ハイパーミラーと呼ばれるコミュニケーションツールに関する研究、工学部学生への数学の教育、さらにはヒトを対象とする実験の安全性の審査に係わる学内運営にご尽力されるとともに、「研究は知的好奇心を満足させる人生最高の道楽である」との信念のもと学部生や院生の指導においても多大な貢献をされてきました。最終講義は「ハイパーミラー研究とその後」と題し、平成30年2月23日(金)に第一セミナー室(機械社建棟2階)で実施されました。

みんな熱中

みんな熱中

教え子から花束贈呈

教え子から花束贈呈

最後のごあいさつ

最後のごあいさつ


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2018.06.20
2018年度オープンキャンパス開催!
2018.04.26
望月信介教授が日本機械学会賞(論文)を受賞
2018.04.18
新任教員の紹介-MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN 准教授(材料信頼性工学)
2018.04.13
新入生歓迎会・2年生歓迎会を行いました
2018.03.28
平成29年度学位記授与式が挙行されました
2018.03.05
定年退職される先生方の最終講義が行われました
2018.02.01
機械工学科3年の小田喜雅彦さんが第16回CVG中国で奨励賞を受賞
2017.11.28
三上真人教授が日本燃焼学会技術賞を受賞
2017.10.31
吉田泰子さん(エンジンシステム工学研究室)がISS「きぼう」実験の成果発表に対し毛利ポスターセッション優秀賞を受賞
2017.08.24
2017年度オープンキャンパスが開催されました.

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ