三上真人教授が日本燃焼学会技術賞を受賞

当学科の三上真人教授が、日本燃焼学会技術賞を受賞し、2017年11月14日に行われた日本燃焼学会表彰式において表彰されました。本賞は燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績をあげた個人またはグループに対して贈られる賞であり、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」実験棟において液滴群燃焼実験を行う装置(GCEM)を開発し、日本初となる軌道上での燃焼実験の成功に大きく寄与したことが高く評価されました。本受賞は株式会社IHI検査計測の久氏、佐藤氏、野倉氏、後藤氏、花房氏、山本氏、菅氏、宇宙航空研究開発機構の菊池氏、日本大学生産工学部の野村教授との共同受賞です。

 受賞に対して三上教授は、「このたびは栄誉ある賞をいただき、大変身の引き締まる思いです。液滴群燃焼実験装置(GCEM)は、ISS「きぼう」における微小重力環境で100個を超える燃料液滴から成る液滴群の燃え広がりを観察するための装置です。軌道上で前例が無く難度の高い実験を実現すべく、2008年の宇宙実験テーマ採択以来、関係者の皆様とアイディアを出し合い、時間をかけて丁寧に課題を一つ一つ解決してまいりました。受賞の連名者以外にも多くの方々にお世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。今後もオリジナリティある研究を行うべく精進いたします。」と喜びの言葉を述べています。

表彰式の模様

表彰式の模様

藤田日本燃焼学会会長(左から3人目)と受賞者の方々(左端:三上教授)

藤田日本燃焼学会会長(左から3人目)と受賞者の方々(左端:三上教授)

関連ページ:

山口大学HP「国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟での燃焼実験に成功~JAXAと山口大学の共同実験 Group Combustion実験(研究代表者:三上真人教授)~」http://www.yamaguchi-u.ac.jp/weeklynews/2016/_5853.html

 


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2018.06.20
2018年度オープンキャンパス開催!
2018.04.26
望月信介教授が日本機械学会賞(論文)を受賞
2018.04.18
新任教員の紹介-MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN 准教授(材料信頼性工学)
2018.04.13
新入生歓迎会・2年生歓迎会を行いました
2018.03.28
平成29年度学位記授与式が挙行されました
2018.03.05
定年退職される先生方の最終講義が行われました
2018.02.01
機械工学科3年の小田喜雅彦さんが第16回CVG中国で奨励賞を受賞
2017.11.28
三上真人教授が日本燃焼学会技術賞を受賞
2017.10.31
吉田泰子さん(エンジンシステム工学研究室)がISS「きぼう」実験の成果発表に対し毛利ポスターセッション優秀賞を受賞
2017.08.24
2017年度オープンキャンパスが開催されました.

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ