国際宇宙ステーション「きぼう」での燃焼実験用装置本体の打ち上げ

大学院理工学研究科機械工学分野の三上真人教授(エンジンシステム工学研究室)が研究代表者を務める宇宙実験「Group Combustion」用の実験機器本体が,8月16日,H-IIBロケットで種子島から打ち上げられます.実験機器は無人補給機「こうのとり」5号機で国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に届けられます.本実験は「きぼう」初の燃焼実験となります.米国の商業宇宙船(SpaceX-7)の事故により,先にISSへ輸送予定であったカメラ等の機材を喪失しましたが,現在,JAXA(※)と連携して,機材の再準備を進めております.実験実施までお楽しみに!

Group_Combustion_ミッションパッチ最終版

「Group Combustion」実験ミッションパッチ(出典:JAXA)

※ 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2018.04.26
望月信介教授が日本機械学会賞(論文)を受賞
2018.04.18
新任教員の紹介-MACADRE ARNAUD PAUL ALAIN 准教授(材料信頼性工学)
2018.04.13
新入生歓迎会・2年生歓迎会を行いました
2018.03.28
平成29年度学位記授与式が挙行されました
2018.03.05
定年退職される先生方の最終講義が行われました
2018.02.01
機械工学科3年の小田喜雅彦さんが第16回CVG中国で奨励賞を受賞
2017.11.28
三上真人教授が日本燃焼学会技術賞を受賞
2017.10.31
吉田泰子さん(エンジンシステム工学研究室)がISS「きぼう」実験の成果発表に対し毛利ポスターセッション優秀賞を受賞
2017.08.24
2017年度オープンキャンパスが開催されました.
2017.06.30
臨床生体医療工学研究室の上原賢祐くんが日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を受賞

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ