三上教授・瀬尾准教授が日本燃焼学会論文賞を受賞

当学科の三上真人教授(エンジンシステム工学研究室)らの研究グループが、燃焼研究における学術上の顕著な功績のある論文の著者に対して贈られる日本燃焼学会論文賞を受賞し、2014年12月4日に行われた日本燃焼学会表彰式において表彰されました。受賞者は三上真人教授、前田敬之氏(元本学博士前期課程学生、現住友ゴム株式会社)、松井啓一朗氏(元本学博士前期課程学生、現いすゞ自動車株式会社)、瀬尾健彦准教授、ブラビジャヤ大学Lilis Yuliati講師です.

受賞対象の論文は国際的に権威のある燃焼研究誌のProc. Combust. Inst.に2013年に掲載された “Combustion of Gaseous and Liquid Fuels in Meso-scale Tubes with Wire Mesh” です。本論文は、金属メッシュを挿入した細径ガラス管内における火炎の定在性とメッシュによる再生予熱効果促進について実験的に調べ、さらに静電微粒化も用いることで、触媒や外部加熱を用いることなく消炎直径程度の管内での液体燃料の燃焼を世界で初めて実現した研究の成果を報告したものです。

マイクロコンバスター(超小型燃焼器)は、次世代の超小型高密度エネルギー発生装置として、また,高効率超小型ヒータとして期待されています。液体燃料を用いるとそのエネルギー密度はリチウムイオン電池より二桁程度大きくなります。今回の研究成果は、今後の液体燃料を用いたマイクロコンバスター研究および開発のベースとなると期待されます。

14CSJAward114CSJAward2

(写真左:表彰式の模様,写真右:三上教授(左)と瀬尾准教授)
(それぞれの写真をクリックして頂くと,原寸大でご覧になれます)

 


一覧へ戻る

最近の記事一覧

2017.10.31
吉田泰子さん(エンジンシステム工学研究室)がISS「きぼう」実験の成果発表に対し毛利ポスターセッション優秀賞を受賞
2017.08.24
2017年度オープンキャンパスが開催されました.
2017.06.30
臨床生体医療工学研究室の上原賢祐くんが日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を受賞
2017.04.25
鈴木博貴助教が日本機械学会奨励賞(研究)を受賞
2017.04.12
平成28年度卒業(修了)証書・学位記授与式が挙行されました.
2017.04.11
学習・教育到達目標と講義科目の対応(平成29年度以降入学者用)
2017.03.03
国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟での燃焼実験に成功
2017.02.06
相良渉乃さん(エンジンシステム工学研究室)が国際学会で優秀講演賞を受賞
2017.01.25
国際会議 ICIARE 2016 において機械系の学生・教員が優秀論文賞を受賞しました.
2017.01.20
CEDC 2016 において本学学生のチームが金賞を受賞しました

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ