現在表示しているページは… 山口大学 > 工学部 > 機械工学科 > 応用熱工学

応用熱工学

研究室紹介

当研究室では、航空宇宙工学分野の先端宇宙輸送工学をテーマに、惑星突入流れ(電磁力を用いた新しい惑星突入技術、極超音速惑星突入流れの現象解明など)と先端推進(パルスレーザー軌道打ち上げ機、連続発振レーザー宇宙推進機、電気推進機など)の研究と教育を行っています。また、これらのテーマを通じて、高エンタルピー流、極超音速気体力学、プラズマ力学、電磁流体力学、希薄気体力学などを学び、数値解析・実験を駆使して、未知の物理現象を発見しかつ解明することも目的です。

 

img-01-01


教員スタッフ

葛山 浩 准教授 [プロフィール](英語)


研究内容

  • 電磁力エアロブレーキングを用いた新しい惑星突入技術の研究
  • パルスレーザー軌道打ち上げ機の研究
  • 連続発振レーザーを用いた惑星突入環境模擬風洞/宇宙推進機の研究
  • アーク気流エンタルピー計測用の電磁力プローブの開発

ホームページ


  • 機械系女子のススメ
  • IRE_Asia

  • よくあるご質問
  • 教職員専用ページ

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ