現在表示しているページは… 山口大学 > 工学部 > 機械工学科 > 応用熱工学

応用熱工学

研究室紹介

当研究室では、ソーラーシステム、冷凍空調機器、エンジン、原子炉、ボイラー、熱交換器などを対象とし、熱エネルギーの有効利用・省エネルギーに関する教育と研究を行っています。これらのテーマを通じて、伝熱と混相流の現象を理解し、これを応用することで、機械系ものづくり現場でのクリーン&グリーンな新しい熱エネルギー利用方法を提案する事を目指しています。

また、航空宇宙工学分野の先端宇宙輸送工学をテーマに、惑星突入流れ(電磁力を用いた新しい惑星突入技術、極高速の惑星突入流れの現象解明など)と先端推進(低コスト次世代パルスレーザー打上げ機、その実現可能性の検討など)の研究と教育を行っています。また、これらのテーマを通じて、高エンタルピー流れ、電磁流体流れ、希薄流れ、非平衡気体力学、プラズマ力学などを学び、数値解析・実験を駆使して、未知の物理現象を発見しかつ解明することも目的です。


         


教員スタッフ

加藤 泰生 教授 [プロフィール](英語) / 葛山 浩 准教授 [プロフィール](英語)


研究内容

  • 自動車燃料電池内水分移動に関する研究
  • 研削時の熱エネルギ-輸送機構の解明とその制御
  • 水素吸蔵合金における水素収率にかかわる熱問題の検討
  • 狭い平行平板間流路を通過する低密度気体の流動特性に関する研究
  • 超音波印加による気泡流動層熱伝達への影響に関する研究
  • 電磁力エアロブレーキング惑星突入技術の基礎研究と実現可能性の検討
  • パルスレーザー打ち上げ機のエネルギー変換過程の解明と実現可能性の検討
  • アーク加熱式希薄風洞実験による惑星突入流れの希薄流れ効果の解明
  • 木星などの巨大惑星への超高速突入時の加熱環境の解明
  • 火星大気突入流れの加熱環境の解明
  • 数値流体力学(連続流)やモンテカルロ直接法(希薄流)の数値解析方法の研究

ホームページ


  • 機械系女子のススメ
  • IRE_Asia

  • よくあるご質問
  • 教職員専用ページ

アクセス

山口大学工学部 機械工学科

お問い合わせ

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2-16-1

TEL.0836-85-9100/FAX.0836-85-9101

mech@yamaguchi-u.ac.jp

(メール送信時は@を半角にしてください)

ページの先頭へ